チョウの檻

食と築地に関する エセ評論家 チョウ のページです。
<< 6/25アカムツ、イサキ | main | 6/27聖蹟桜ヶ丘 「大福源」麻婆春雨 >>
FAROUDJA DVP-1010
エビちゅから、「これ使ってみますか?」と貸してもらいました。

Blu-rayの1080iを入れて、1080Pで出してくれる機械です。


これで、バルコのCine7でも1080Pが見れるかも?(ワクワク)


マニュアルも無かったのですが、チョコチョコっとイジったら、絵が出た。

ん?随分 絵が左にズレてるなぁ。

PHASE位置がVP-401とエライ違ってる。
(同じファロージャ同士だろ!なんでそんなに違っとんねん)

ん〜、どうすんべぇよ。
PJ側の極を調整しないと、真ん中に持ってこれない。

でも、そんなことしたら、せっかくのありりさん調整がパーになって
しまう。

でも、1080Pの絵は見てみたいしなぁ・・・

よし、ありりんさん調整はあきらめよう。

で、調整してみる(半日はかかります)。


<結果>

。。。これ(1080P)、1080iと どこが違うの?

7インチ管で84インチだと、1080iと1080Pの違いが分からん!(爆)

うおぉぉ、ありりんさん調整はチャラになってもぅてるし!

しかも、1080Pは、期待外れ。。。



DVP-1010の色は・・・薄いっ!透明感無いっ!それでもファロージャか?


「色が薄いのに、透明感が無い」・・・矛盾している様に聞こえるかも
知れませんが、そうなんです。

VP-401は色が乗るとこは乗りますし、おっぱいの上の血管も浮き出る様に
見え、肌の部分は透き通る様に美しいのです。

ところが、DVP-1010はどうしても薄味で、
「おっぱいの上の血管が見えず」
肌の透明感も少ないんですわ。
| チョウ | 機器批評 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ドラゴンボール 天下一大冒険

このブログの戦闘力

224

「ピッコロ大魔王」
クラスです。

by ブログ戦闘力チェッカー


このページの先頭へ