チョウの檻

食と築地に関する エセ評論家 チョウ のページです。
<< ありりんさんシアター訪問記 | main | 「宇宙戦争」アメリカ盤 vs 日本盤(2) >>
「宇宙戦争」アメリカ盤 vs 日本盤(1)
原題:WAR OF THE WORLDS

まぁ、今年 どうしても はずせないソフトの1本でしょう

宇宙戦争
宇宙戦争

オフィシャル・サイト


<チョウの勝手な感想>

1)この映画、ダイナミックレンジが かなり広いです。

 俳優達の声が、他の映画に比べて 幾分小さく入ってるんで、
 「ん?声が小さいなぁ」なんて、ボリュームをいつもより大きくし
 てしまうと、雷やビームのシーンで、とんでもない大音量が出ます。

 チョウ家では、他の映画同様ボリューム位置は12時で見ていたん
 で、声がちょっと物足りないものの、迫力シーンでは、なんどか
 「やっちまったか?」と冷や汗をかいてしまいました。
 (もちろん、スピーカー壊しちまったか? という意味です)

 ともかく、音という音に懲りまくってる映画ですが、例えば、敵の
 攻撃機トライポッドの足音には、スピーカーが壊れる時の音まで
 入ってるんですから、こんな音聴くと、まさに冷や汗ものですわ。

 許される範囲で、出来るだけ大音量で楽しまれることをお奨めします。
 (ばあなさんとことか、t21さんとこで見たら凄いだろうなぁ)


2)絵は、銀残処理 とか言うんでしたっけ?
 「プライベート・ライアン」冒頭や、「アイ・ロボット」みたいな
 加工をしているので、アメリカ盤で見ても、白が飛んじゃって、
 色の階調表現が出てません。

 アメリカ盤と日本盤の違いは、地面が割れるシーンの亀裂の細かさ
 みたいな点で解像度が違いますので、分かり易いと思います。

 元々の画質が、分かり難い画質なので、日本盤悪星1つ★です。


3)音は、日本盤の中では かなり優秀ですが、アメリカ盤はさらに
 とんでもないことになってます。

 なんせ、空間の広いこと 広いこと

 さらに、聴き比べてしまうと、「日本盤、リップシンク ずれてねぇ?」
 と思ってしまうほどです。

 地面が割れるシーンの亀裂では、画質の細やかさと、緻密に作った
 効果音が、ビッタシ リンク取れてます(←それをリップシンクと
 言うか?どうか・・疑問)。

 日本盤も頑張った様ですが、アメリカ盤の凄さと比べてしまうと、
 空間の広さや、情報量など、悪星2つですねぇ★★
| チョウ | ソフト批評 | 00:22 | comments(0) | trackbacks(2) |









http://chows-cage.jugem.jp/trackback/438
宇宙戦争(DVD/国内版)
音が凄いとの情報があちこちから聞こえてきますね。特にりゅりゅの褒め言葉に背中を押されて購入です。出張先での購入なので直ぐには鑑賞できませんが、一緒に買ったLF-P867C ポータブルDVD MULTIドライブでとりあえ...
| 南風paikaji-log | 2005/12/11 1:40 AM |
宇宙戦争
宇宙戦争 家族愛&絆の再生
| Film Rider | 2005/12/11 10:25 PM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ドラゴンボール 天下一大冒険

このブログの戦闘力

224

「ピッコロ大魔王」
クラスです。

by ブログ戦闘力チェッカー


このページの先頭へ